« シンボルストーン | トップページ | 明日マウイへ »

オレンジコーラル倶楽部

しばらく前からオレンジコーラル倶楽部っていうのをやってます。これは何かといいますと、オーラソーマのイクイリブリアムありますよね。(カラーボトル)これの、オレンジ(26番)、コーラル(87・105番→これは87だけでもいいし、105だけ使うっていう人もいますね)を、ある部分にぬって、過去のトラウマや、傷や、痛いところ(心の痛いところですよ)を、癒してあげるっていう方法なのです。

オーラソーマにかかわっている人たちは、一度は経験してるんじゃないかな。

使い方をご紹介しますね。これは基本的には、夜(お風呂あがりがいいかな)、と朝めざめてからほどこします。オレンジをまず左の耳の下から、わきの下をとおってくるぶしまでぬり、さらにオレンジチャクラの部分(腸のあたりですね)にぬります(帯状ですよだからおしりのほうまでぐるりと)。そしたら今度はコーラルを同じように右側の耳たぶからわきの下をとおってくるぶしまでぬります。さらにコーラルの領域第2チャクラですね(子宮のあたり)にぬります。これもおしりのほうまでぐるりと一周します。

分量はオレンジ1に対してコーラル2。コーラルはペールの87番と最近でたヒューの105番がありますから、どちらか一本をつかってもかまいません。私はどうせなら3本同時につかってみよう、っていうことで、3本チャレンジしてます。

あのね、オーラソーマの先生に聞いたところによると、なんで両側にオイルをぬるかっていうとね、たとえば、紙がばらばらになってそろってないとするでしょ?そしたら両手でトントンってそろえるじゃないですか。それと同じで、オーラもトントンって、両側からそろえていくんですって。面白いたとえですよね。片手じゃ、そろわないもんね。

私は現在、ボトル半分ぐらいになってますが、まだ傷がいえてる感じはしないんだけど(そもそも傷を感じないたちだからか?)、なんとなく変わってきたなーっていうのは、オーラソーマに対する姿勢かな。みずから体験してみて人に伝えられるようになりたいなってこと。これまでは、ボトルつかったって、何も変わりはしないじゃん!とか、意固地になってた部分があったんだけど、それが少しずつほぐれてるんです。私でもこのボトルから感じることができる。なんていうんだろ、ボトルに愛着がわいてきたっていうことかな。

やっぱ、オーラソーマはつかってみてナンボですね。一番体感したのはね、92番(グレーテル・ペールコーラル/オリーブグリーン)ですね。これはね、私がオーラソーマの道に入った、一番最初のボトルなんです。女性の自立がテーマになってて、実際に自立してしまったんですね。あー、なんたること!!!!

次に使ったのは、75番(流れとともにいく・マジェンタ./ターコイズ)です。これはまさに流れとともにいくボトルで、うん、これもまさに流れとともにいってます。まだ使いきってないんだけどね。心境の変化がありましたね。私たちは流れにのるしかないんだなーって。

ちょっと長くなってしまいましたが、オーラソーマって、本当に自分をうつす鏡で、選ぶボトルは自分自身なんだよね。だから自分が一番欲しているものだったり、コンプレックスをもっているものだったりするんだよね。それを、ボトルをつかってあげることによって、顕在化するの。そうすると涙が出てきたり、いやな思いをするかもしれないけど、自分で意識することで一歩道がひらけていくの。乗り越えられるの。

そんなことを、オレンジコーラル倶楽部やってて思いました。

|

« シンボルストーン | トップページ | 明日マウイへ »

オーラソーマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/507224/10455316

この記事へのトラックバック一覧です: オレンジコーラル倶楽部:

« シンボルストーン | トップページ | 明日マウイへ »