« 2008年9月 | トップページ

2008年10月

久々に占星術

私は占星術も学んだことがあり、友人から見てほしいと言われ、久々に出生ホロスコープを作成しました。ホロスコープの作成は、作成ソフトを使えば簡単で、情報としては、生年月日とできるだけ詳しい出生の位置、それと出生時刻が必要です。

友人から提供された情報をパチパチとコンピューターに打ち込み、印刷をかけるまでは簡単な作業。さて、そこからが問題です。これを読みとかなくちゃならない。とにかく星座は12個もあるわけだし、天体もいくつもある。それに加えてアスペクトっていう線がからんでくる。これは天体と天体を結ぶ線なのですが、お互いに影響しあってその人の人生を形作るので結構重要な線なのです。

ホロスコープを読み解くのは本当に久しぶりだったので、マニュアルを片手に一生懸命読んでいきました。ふむふむ・・・そうかそうか・・・なるほど当たっていそうだな。そんな実感もわき、手ごたえを感じ、ワードで資料を作り、早速彼女にメールで結果を送りました。

どんな感想が返ってくるか楽しみ。

でもね、本当は対面でお話しながら読んでいくんです。だから、今回はとりあえずメールで送って、あとでフォローしようと思って。頼まれてから少し間があいていたのもあるし。

占星術って、当たりますよ。っていうか、星の配置のとおりに私たちは生きてるんだなって感じる。外にあるものは内にある。私たちは小さな宇宙なんだなー。この世界は美しい法則にもとづいてできあがってるんだなって、あらためて思う朝なのでした。

| | コメント (14)

« 2008年9月 | トップページ